2015年11月24日火曜日

秋は結婚式シーズン

こんにちは。
 お久しぶりです。すーゆんです。
 かなり久しぶりになってしまいましたがブログを更新したいと思います。

 今日は、秋の結婚ラッシュじょぬんど(について)。

 キルギスでは秋が結婚シーズンになっているのですが、
 これにはとっても明快な理由があります。

 夏の間山の上の放牧地に行っていた(多くは預けられていた)羊たちが、
 秋にはそれぞれのお家に帰ってくるのです。
 山のきれいな空気の中で、美味しい草をたくさん食べた羊たちは、
 まるまると太っています。

 去年の今頃任地に赴任したときには
 この時期の羊が普通のものだと思っていましたが、
 冬、春、夏を経て再び秋を体験してみると、
 「羊、肥えてるな~~~」という目で見られるようになります。
 春の羊とかは、本当に結構やせているのが多かったです。

 結婚披露宴では、羊をソイ(屠殺)して振る舞うので、
 羊の肥え具合はとっても大事なポイント。
 

 それで、秋の結婚式が多いんですね。

2015年6月11日木曜日

フェルティングテーブル


水フェルトの作業に便利なフェルティングテーブル!

配属先はわたしが赴任する直前に職場の引っ越しがあり、
今は村役場の2部屋を借りて活動しているのですが、
以前の職場で使っていたというこのテーブルは、今日やっとお引越し!

すのこ状の天板と、
水が下に流れるしくみの骨組み。

特注品らしいです。
便利!
この作業台で作業するのが楽しみです(^^)





ちなみに今日の職場風景。
みんな頑張って作ってます。

最近のこと

ご無沙汰してます。

最近のこと。



30度近い日もあり、
夜も9時近くまで明るいです。
任地は夏に賑わう観光地ということで、
冬の間とは打って変わった賑やかな雰囲気になりつつあります。

そんな中、
活動も遊びも相変わらず全力です(^^)

上の写真は、同僚たちと湖の近くまで行った時の写真。
まだイシククリ湖では泳いでいないのですが、そろそろもう泳げる!
近々泳ぎに行きたいと思っています。


活動も楽しくやっています。

一村一品運動の先輩隊員が、7月頭に3人帰国します。
とてもお世話になった方々なのでとても寂しいです。

彼らと一緒にクオリティコントロール関連の仕事などしています。
ベーシックマニュアル、
それぞれの商品の作り方のポイントをまとめたスペシフィックマニュアル、
ブループリント(設計図)などを作って、
生産者によりわかりやすく、
不良率もさげられるような一助になればと活動しています。

近日中に、
水フェルトのベーシックマニュアルを発行する予定です。
わたしは主にブックデザインを担当しています。
できあがりまであと少し、頑張りたいと思います。





おまけ。
最近初めて食べたもの。


カラマという、薄くてパリパリしたパンです。

美味しい!

キルギスの田舎ではどのうちでも家でパンを焼いています。
普段焼くのは発酵の過程がある普通の(?)パンですが、
カラマは発酵の過程がなく、
実はキルギスの伝統的なパンはこっちなのだそうです(^^)

ちなみに、キルギス語で“カリカリ”とか“パリパリ”は「クスクス」と言います。

クスクスのカラマ、とても気に入りました(^^)!

2015年4月18日土曜日

ショロデビュー

 先日首都に上がった際に、
 ずっと憧れだったショロデビューを果たしました!(^^)


 ショロとは、キルギスの飲料メーカーの名前で、
 ペットボトルの飲料などもお店にたくさん売っているのですが、
 春〜秋には街に写真のようなショロスタンドが現れます。

 この赤と白のパラソルが目印!
 赤と青の樽があり、それぞれ「マキシム」「チャラプ」という飲み物が入っていて、
 単品もしくはミックスにしてもらって買えます。
 紙コップ1杯約20円。

 緑の樽があるときは、アイスティーも売ってるみたい。
 私は見なかったけど、他の人のブログで見たことがあります。

 キルギスにくる前、キルギスのことが知りたくて
 たくさん先輩隊員のブログを読んでいました。
 そのときに知ってから、ずっと飲んでみたかったショロ!

 日本人は苦手な人が多いという「マキシム」ですが、
 わたしは超好きな味でした♡

 麦を発行させて作っているらしく、
 酸っぱくてしょっぱくて香ばしいです。
 日本で今まで食べたり飲んだりしたことのあるどんな味にも似てない。
 けど、あえて言うなら、きなこドリンクを酸っぱしょっぱくした感じ?(笑)
 キルギスにお越しの際は、ぜひ試してみてくださいね(^^)

 今回のビシュケク滞在では、
 「マキシム」と「アララッシュ(赤と青のミックス)」しか飲めなかったのですが、
 どちらもとてもおいしかったです。
 暑い夏に、すっきり美味しく水分&塩分チャージ!
 熱中症にも良さそうです。
 乳酸菌パワーで元気になれそう(´ω`)♪

 夏本番にはチョルポンアタにもショロスタンドが登場するらしいので、
 たくさん飲みたいと思います!

2015年4月11日土曜日

キルギスのサクランボの木を植えました。

 毎度、ご無沙汰しております。
 そろそろ頻繁にブログをかけるようになりたい…!
 といつも思ってます…(笑)





 今日は突然、ホストマザーが
 「アルチャ植えるからもし時間があったら手伝って(^^)」と言うので、
 ちょっとだけ、
 手伝ったフリ程度、アルチャの植樹に参加しました。

 ホストマザー曰く、
 有名人とか偉い人が植えた木、というのがキルギスにもあるらしく、
 すーゆんが植えた思い出の木を育てるからね!とのこと。

 うれしい〜(´ω`)!

 このホストマザー、なかなか面白い人で、
 私がホームステイを始めてから1週間くらいのときから
 「あなた2年で帰っちゃうのよね。2年なんてあっという間だわ。
  あなたが帰っちゃったら寂しい…!」と
 なぜか2年後に寂しくなることの心配をしています。
 恐ろしいほど先をよく見てる人です…
 いやいや、まだ2年始まったばかりだから!と言うと、
 「あら〜!そうだったわ、そうよねそうよね(笑)」と笑い始めます。
 不思議な人です。

モザイクの掛け方に悩んで顔を描いてみた(笑) 
ホストブラザーとアルチャを植えている様子
ホストファザーとホストブラザーが持ってきたアルチャは
 ただ枝を切ってきた感じのもので、特に苗っぽい感じとかではなかったです。


 ホームステイ先は村役場の隣にあるんだけど、
 今まで村役場の庭だと思ってたスペースが、うちの庭だということが判明。
 知らなかった〜〜〜
 空き地のようなスペースですが、
 りんごやアルチャを植えて、アグロット(作物とか育てる庭的なもの)として使うらしいです。


 アルチャの芽。かわいい。
 キルギスにも春が来ています。


 猫たちにも春。
 右がうちの猫。
 ノールズ(3月21日のお祭り)の数日前にうちにきました。
 すーゆんが名前をつけていいよ、ということで
 (こちらはあまり動物に名前を付ける習慣がなく、前にいた猫も無名だった。
  吾輩は猫である状態(笑))
 イシククリ州の名産品である「りんご」か「あんず」にしようと思い、
 最終的にはホストマザーに2択でイ選んでもらって「りんごちゃん」になりました。
 りんちゃんとかりんりんとか呼んでいますが、
 まだ自分の名前はちゃんと認識してくれてません。

 1歳ちょっとでまだちいさいメス猫なんだけど、
 外に彼氏ができたのか、夜遊びしまくりです。
 春の猫は、うるさい。

2015年3月16日月曜日

春の訪れ、冬との攻防

 ご無沙汰してます。すーゆんです。
 早いもので10月にキルギスに来てから、半年が経とうとしています。
 もっとちゃんと記録を残さねば・・・!と焦る今日この頃です。
 
 
 先日首都ビシュケクに上がった際、
 向かう道すがらに、冬の間は凍っていた川が青々と流れ、
 そのほとりに緑の草が生え始めているのを見て、春の訪れを感じ、
 キルギスの長い冬ももう終わりなのだなと改めて感慨深く思いました。
 
 

 
 写真はなんでもないビシュケクの道にて。
 ビシュケク市内の至る所で新しく芽生えた草のフレッシュな緑にいやされました。
 
 
 
 任地カラオイ村は観光地であるチョルポンアタ市に隣接しているのですが、
 チョルポンアタはキルギスの中でも冬にあまり雪が降らず寒さも厳しくなく、
 夏も暑さが穏やかでイシククリ湖で湖水浴もできるリゾート地として知られています。
 
 冬の間、首都ビシュケクへ行く際は、
 任地より寒いところに行くことになるので防寒対策に気合いを入れたものですが、
 春の訪れはチョルポンアタよりビシュケクの方が1ヶ月も早いそうです。
 
 キルギスの首都はビシュケク、第二の都市は南の方にあるオシュというところなのですが、
 春はふつう、オシュから来て、そのあとビシュケクに来て、さらに1ヶ月後にチョルポンアタにくるそうです。
 冬の寒さの厳しくないチョルポンアタに春が来るのがビシュケクより遅いって、不思議です。
 
 
 
 そんなカラオイ村およびチョルポンアタ、
 今日はなんと、今シーズンの中でも1−2を争うだろうというくらいの、大雪です!
 

 
 滅多に雪も降らず、
 降ってもあまりつもることなくその日のうちに溶けてしまうことが多いチョルポンアタ。
 今回の雪も、今日明日中になくなるのではないかとは思いますが、
 朝起きてから昼現在までずっと大粒で降り続けていて、すごいです。

2015年1月3日土曜日

あけましておめでとうございます!




 あけましておめでとうございます。
 キルギスで新年を迎えました。
 日本以外の場所で新年を迎えるのは初めてです。不思議な感じ。

 新年早々、キルギスを編んでみました。
 ニットクリエイターの栂瀬 真さんの山形コースターがとってもとってもすてきで、
 いいな〜と思っていて、
 ワールドカップ2014の時には
ブラジルを編んでワールドカップを応援しよう」企画をやってらしたので
 わたしもブラジルを編んでみました。

 そのときにはキルギスに行くことは決まっていたので、
 そのうちキルギスを編みたいな〜〜〜と思っていました。

 ついに、自分で編み図を書いてキルギスを編むことができて嬉しいです。

 でも、まだまだ改良の余地あり…
 もうしばらくいろいろ奮闘してみたいと思います。