2014年12月28日日曜日

ロシア語を勉強しようと思って

 キルギスに来ている隊員は、任地や業務内容などによって、
 訓練でキルギス語を学んできている人とロシア語を学んできている人がいます。

 私はキルギス語です。

 キルギス語は日本語と文法の語順が同じだったりと、
 数ある言語の中では日本語話者にとって取得しやすい言語であると思います。
 キリル文字を使用するので最初に文字を覚えるのが少し大変ですが、
 実際にわかるようになってきてみると、使いやすい言語であると感じています。

 そして、マイナー言語ってどれもそうなのかなと思いますが、
 やはりキルギス語をしゃべるとキルギス人はみんな喜んでくれます。

 日本人に対する印象がとてもよく親日である上、
 キルギス語を話すとなると、バザールでも道ばたでもタクシーでも、
 みんな対応がよくなります。

 しかし…
 せっかくロシア人も近くに住んでいて、
 キルギス人も多くの人がロシア語をしゃべることができるこの国に来ているので、
 できたら、ロシア語も、少しは学びたい…
 ロシア人はキルギス語をしゃべれない人が殆どなので、
 そういう人とコミュニケーションをとるにはロシア語も必要だし…
 ふだん、ぜったい必要ということはないのだけれど。

 それに、
 キルギス語が出来ますって言っても、帰国後それがなにかに使えるとは、思えない。
 けど、ロシア語なら、もしかしたら、なにかに役立つかもしれない。

 ロシア語はとっても難しい言語ということなので、
 いつ心が折れるかわからないけど、とりあえず、日本から本を取り寄せることにしました。

 実は、ロシア語対応の電子辞書は日本を発つときに買ってきているので手元にあります。

 2015年は、キルギス語のレベルアップも図りつつ、
 キルギス語を学んだことでところてん式に抜けてしまった英語を少しずつ取り戻しつつ、
 ロシア語も少し…少しだけ… がんばってみたいと思います。


0 件のコメント:

コメントを投稿